.

レシートの保存義務はあるのか???結論からここに述べると必要性は特にないというのが解答です。人によれば保存することが自らが証跡を残したいと考える場合であれば保管すればよいだし、反対に言うと証拠は無くても困らないと考えるのであれば保管しておく必要性はないと言えます。しかし送られる明細書との照合作業の際においてはもれなく利用レシートが不可欠となります。明細をその時点まで最低限保管していないとなると、どの店で何月何日どのくらい決済したのか?という内容が不明になってしまうだけでは済まず、誤った請求の他重複した請求の照合作業がすることができなくなってしまうため危険です。おそらくクレジットカードを使った額は明細レシートを持っていない限りは覚えていないはずです。せめて明細書が送付される1ヶ月・2ヶ月くらいの期間はちゃんと保存するようにしたい。クレカの明細レシート廃棄方法●クレカのレシート処分の方法は超単純です。誰かに不正な利用をされないよう、できるだけ小さく裁断して廃棄するだけです。小さなシュレッダーが自宅で利用できる場合には念のため利用するのが良いでしょう。なんと言ってもクレカの履歴を残している利用レシートであるのだから、クレジットナンバー等機密情報の内容について特定されることが多く書いてあるのです。不必要な明細レシートとは考えず破棄は細心の注意を払って行うべきです。予防のためにレシートにクレジット番号等の機密情報が書かれないケースも出てきているようだが、信じ過ぎることは禁物と思われます。

Copyright (c) 2000 www.sevenz.org All Rights Reserved.