.

残念だが現実では非常に稀有な事例を外して金券販売店でショッピングをしてもカードを利用する事ができる店なんてものはありません。このようなため、NICOSなどの金券を駆使した直接的でないクレジットカードのやり方はろくには本当は運用するということができないだろうと思います。それではどういう手法を駆使すれば直接でないクレジットが出来るのでしょうか?というとその技とはこの頃、たくさんの人に使われている電子マネーという総称のEdy(エディ)、Webmoney、またはICOCA、nanacoなど。本当は、電子マネー活用して直接的でないクレジットカードの使用をやることも可能なのです。PASMO、Webmoney、またICOCA、nanacoなどはクレジットで買い取る事が可能な券■Edy(エディ)、Smart Plus、またはSuica、WAON、nanacoなどに馴染みのないような人々にとってはなんとなく困難な思いを持たれる可能性があるかもしれないですが、これらの電子マネーというものはいわばただのギフト券なのです。JCB、NICOSなどのギフトカードとズレはないでしょう。そして電子マネーという物はカードを使って簡素に換金する事が可能なという事が便利の一つです。同時にこういった電子マネーは今や、カラオケを筆頭に、飲食店や様々なショップなどなどといった場所でも運用可能にもなってきている。「当店舗の物を購入するにはカードはご使用にならないでください」という風に貼り紙されていたような店舗でもEdy(エディ)、QUICPay、であったりICOCA、WAON、nanacoなどを使うなら利用できるケースがいっぱいあるのです(ローンポイントが堅実に得られる)。要するにクレジットカードが扱われていない店舗でも間接的にクレジットカードを用いる技でカードポイントをゲットしてもらおうというテクニックです。通常通り高いショッピングを満喫するだけではつかないカードポイントであるため、絶対活用する事をやってみて欲しいと思います。

Copyright (c) 2000 www.sevenz.org All Rights Reserved.