.

外国為替証拠金取引(FX)の魅力は一つだけの投資の商品であるのに、お金を掛ける期間を短い・普通・長いの3種類の中からいずれを選ぶかということにより出資のやり方が全然変わってくるところにあるのです。76-6-14

まずは外国の貨幣へ投資の「長い時間をかけるスタンス」について見てみましょう。76-11-14

長期の投資というものは、一年以上の出資期間を基準にしているものです。76-16-14

まず為替のレートで、一年以上も経過した後の相場は円高なのか、ないし円安だろうかを予言するなんてことは無謀だと思います。76-17-14

ほとんどのケースでは、「そんなに後々の変動は予想できない」と考えるのが本音かと思います。76-1-14

わからないのに懸命に予想しようとも無謀なことです。76-3-14

そのことから、外貨を買って、そのタイミングでの価値よりも円高傾向になったとしても、それは少し経てば元に戻るはずだという感覚で取引に向き合うことが大切です。76-8-14

為替差益を積極的に狙うことよりも他の儲け、つまりはスワップポイントを大きくするというのをまず一つの目的ということにして投資しましょう。76-9-14

当然のことですが為替変動の影響でマイナスがひどく膨らんでしまうこともあります。76-15-14

そのことから、その損が大きくなっても影響のないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を最小限にやり取りすることは大切です。76-7-14

FXは損失が決まった金額よりも更に広がると、追い証(追加保証金)を求められたりあるいはストップロス(ロスカット)を置く必要があります。

ストップロス(ロスカット)をしたら、即取引を終了しなければならず長期投資は厳しくなります。

危険を回避するためにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍ほどでやり取りするのが良いでしょう。

2番目に中期の投資のケースの売買です。

中期の場合は1?2ヶ月程度後を予想しての売買なのです。

為替売買においては、1ヶ月後のことは、おおよそ、予知できると思われます。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)などの国際的な会議や為替市場で売買している人たちが何をところに興味があるかを考えれば、だいたいの場合、見通しがきくのです。

こんな経済の状況を見る一方で、チャートをチェックすることによって為替の相場のレベルを把握しトレードをジャッジするのがベストです。

基本的に、経済情勢とテクニックのどちらも光りあるいは買いが同様の時は、だいだいその通りに変動すると思って良いでしょう。

そういった時は持ち金を増やしておけばより一層高いリターンを入手できるのはほぼ間違いないでしょう。

3つ目に短期トレードのコツです。

この短期のスタンスとはすなわちデイトレーディングを示しています。

為替相場でデイトレをする際はファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は決して関わりがないと明言していいです。

というのは次の日の為替の相場の変化に、経済の基礎的条件は絡んでいないからです。

この時、狙いどころは注目されるイベントがあることで、そのために為替レートが変動するタイミングを見過ごさないよう取引しましょう。

例を挙げるとアメリカにて雇用情勢が出されるあるいは金融政策決定会合等によって金利が動くような行事。

こういったタイミングに変移を見過ごしてはいけないといった理由で、短期スタンスは専門的な要素が必須になる。

Copyright (c) 2000 www.sevenz.org All Rights Reserved.