.

換金を目的にして新幹線の切符の類をたくさん決済する)ショッピング枠のキャッシュ化を使わないで、自ら換金する目的でクレジットカードで決済をするということも同じ事と言えます。

現金化するということを狙ったカードの利用というものは、ルール違反になってしまうからであります。

必要以上の新幹線等の乗車切符であったり切手通販などにおける決済では、運が悪いと現金化する目的なのでは??という風にマークされる事例が考えられるので、十分な注意するべきです。

付け加えると、使用時にキャシング額というものが上限になってしまっているユーザーのケースにおいては、新幹線の切符を購入することにトライするだけでもクレジット発行会社の電話が入る事例があるから金欠時のカード払いについては出来なくされているようです。

経済的に窮している状況において考える手段は皆同様なのです。

クレジットカード会社にとって都合の悪い利用法をしてしまうこと:一昔前に流行した『永久期間』のような、クレジットの会社の立場からみてプラスにならない違反した使用方法をした場合には、カードの会社の判断によって強制没収になるケースもあるのが現実です。

インターネットに出回ったカードポイントの不正な入手などの広まっていない秘密のやり方が存在していても、それらの手法は絶対にクレジットの規約に反する行為になるから何があってもやってしまわないようにしないほうがよいでしょう。

失効させられた契約情報については出回る→クレジットカードを没収させられたとしても、違うクレジットについては使用できるから、一つくらいはいいだろう?とか思っいる人は、昨今の情報化社会でその思考は命取りになる可能性もある。

なぜならば、そもそも強制退会させられるようなケースにっなってしまうと、クレジットの会社から入手出来る情報機関というものに退会の情報が記録されるため契約者の社会的信用はガタ落ちとなることがあるからです。

どこかだたひとつであってもクレジットカードを強制失効扱いとなった場合それ以降カードですら契約しにくくなる模様ですし、さらに他に使っているクレジットまでも失効となるケースもあり得るのです。

運良く引き続き利用できるようでも有効期限切れを迎えると継続できなくなることもあります。

兎にも角にも何回も記載させてもらっているが強制没収となってしまうほどの使い方は何があってもしないように、規約を守ってクレカをご使用頂きたいと願います。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.sevenz.org All Rights Reserved.