.

FX(外国為替証拠金取引)の投資についての的は世界各国の流通貨幣があげられます。

貨幣についての事を会得していこうと思っています。

・流通貨幣には「基軸通貨」とよばれている通貨があります。

基軸通貨というのは、各国間での決済について金融の取引きで主に使われる流通通貨のことを言いますが、現時点はアメリカドルを意味します。

かつては£(イギリスポンド)基軸通貨だったのですが、第二次世界大戦が終わった後アメリカドルになりました。

・FXにおいて流通される流通貨幣の種類は他で言う外貨投資に比べてみてまことに多いというのが特性というのがあげられます。

FX会社により、取り扱う通貨の種類に際しては変わっているのですが通常では約20種類あるようです。

流動性が高い数値の公式貨幣をメジャー通貨と称します。

動きが高いという意味は売買が多く実行されておりまして通貨の売り買い簡易なのです。

主流の流通貨幣には上記でお話した基軸の通貨である$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)、日本の円、EUROの3つの通貨があり、世界の3大通貨呼ばれています。

英ポンド、豪ドル、カナダのドルなどが準メジャー通貨と表されております。

メジャー通貨、準メジャー通貨以外の変動性が小さい通貨に関してはマイナー通貨と称されてかなり経済の力が比較的弱い国の通貨価値で、南アフリカランドやシンガポールドル、トルコリラなどが主要な通貨に関してはドレードされてる程度が多いという事もあり値の変動が横ばいでニュースの量も豊富なとのことです。

マイナー通貨については利子が高い価格なケースが多いから値の激動が激しいとの事です。

値の変動が激しいということは、甚大な黒字を得するチャンスが存在しますが、儲けがある分好ましくない結果の可能性も大きくて不安定事があります。

その上流動する性質が低い通貨なのでフィックスを希望する際に決済する事が出来ないと考えられる事があるでしょう。

どの種類の通貨をセレクトするのかという事に関しては、流通貨幣の特性を詳しく調べてからにする事は大事であるのではないかと考えます。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.sevenz.org All Rights Reserved.